探偵はどこまで調査ができるのか。

探偵はどこまで調査できるのか

探偵のイメージとしては、ターゲットを尾行したり聞き込みを行うといったイメージがあると思います。けれどこのイメージがどこまで正しいのか実際に探偵の仕事について知らなければ過度な期待を持ってしまうかもしれません。

実際に探偵はどこまで調査を許されているのでしょうか。

探偵に依頼する前に、探偵が調査できる範囲について知っておきましょう。
探偵と警察の調査の違いがわかりづらいかもしれませんが、基本的に探偵は警察ほどの権限を持ちません。そのため、警察が動かないような民事と呼ばれる問題やトラブルを担当するのが基本となります。主に相続問題や浮気調査を行うケースが多く、身内の問題が探偵によく依頼されます。

警察は事件など犯罪に関わることは捜査しますが、「民事非介入」が基本。例えば、成人している人の失踪の場合、事件性がない場合、全国に失踪や家出人としての情報は流れますが、千十の捜査員を置き、警察で行方を率先して探すことはありません。

探偵は自由に調査してよいわけではなく、法律に反すことは一般の人同様禁止されています。、一般的な依頼ならば特に問題なくこなすことができます。そのため、多くの方は探偵の調査範囲について気にする必要はないでしょう。どこまで調査できるか不安な方は、依頼内容をまず説明することをオススメします。





Copyright (C) 探偵お探しネット