情報は都合が悪いものも全て伝えることが大事。

探偵への相談は、事実を余さず伝えること

探偵に対して調査依頼をするとなると、その調査会社に対して色々と事実を伝える事になります。
依頼をする時には、都合が悪いと伏せることなく、ほんの些細な情報でも伝えた方が良い様です。
なぜなら、情報の有無によっては事実発覚率が高まる事もあれば、伏せられた情報があったことで、調査が失敗してしまうこともあるからです。

例えば配偶者の浮気が気になっているとします。人によっては、その事実確認を自力で行っている方もいらっしゃいますね。そしてある程度自力での調査を頑張っていたものの、途中で失敗してしまったとします。そのような時に、上記のプロの方にお仕事をお任せする事例が多いのですね。つまり自力での調査には限界があるので、プロの方にお仕事をお任せする訳です。
ところで自力で調査を行っているとなると、やはり色々な情報があるものです。追跡しようと考えている方の行動パターンもある程度見えてくるものですし、どのような理由で失敗してしまったかも探偵会社にとっては有益な情報になるものです。それらの情報を、余さず伝える方が良いですね。漏れが無いように伝えると良いでしょう。

また一見関係ないと思われる事実でも、大きなヒントになる事もあります。ですので自力で調査を行っている時には、なるべく詳しく情報を伝える方が良いですね。相談する内容などは、事前にメモ帳などにまとめておく方が良いでしょう。





Copyright (C) 探偵お探しネット